講座一覧

⑤:永続的に使える「商品を簡単に売る」セールステクニック

4696ikkan

イチです。

今回は「商品を売るためのセールステクニック」です。

セールステクニックは「人間心理」に基づくことが多く、一生使える「普遍的な知識」です。

時代の変化に関わらず、一生使えるテクニックなので、ぜひマスターしてください。

永続的に使える「商品を簡単に売る」セールステクニック

商品を売るためには「相手の不安」を消すことが大切です。

結論:「購入時の不安」を全て消せばOK

「行動するハードル」を下げることを意識しましょう。具体的には「購入時の不安」を消していくと、商品が売れていきます。

例はこちら。

  • 19,800円のスモールビジネス構築教材
  • 19,800円のスモールビジネス構築教材(実質無料)

上記の場合「後者」の方が、売れやすいです。

多くの人は「行動するリスク」を恐れます。

セールスとは、その「リスク(不安)」を、一つずつ消していく作業です。

「行動しない理由」を消していくことが大切です。詳しく見ていきます。

具体的なセールステクニック

具体的には、下記が効果的です。

  • 無料+返金保証(実質無料)
  • 未来を見せる(不安+成功)

このセールスのあらゆる場面で使われており、効果は絶大です。

①:無料+返金保証(実質無料)

もっとも効果的、かつ使いやすい手法です。

本教材でも、活用しています。下記の部分です。

教材は19,800円ですが、セルフバックをすれば「実質無料」になります。かつ、全額返金保証つきです。メッセージ一つで、返品します😌

こうすることで、お客さんの「行動しない理由」がゼロになります。要するに、購入するリスクがないということ。

「無料」や「実質無料」の販売前につくることで、自然と購入のハードルが下がっていきます。

下記の方法でも、代替できます。

  • 教材代19,800円を稼がせるまで、サポートするので「実質無料」です。
  • 教材をつかえば、費用はペイできるので「実質無料」です。
  • アフィリエイト報酬が50%なので、2人に紹介すれば「実質無料」です。
  • 1年間取り組んでみて、稼げなかった方は「全額返金」します。
  • 教材金額分を稼げるまで、永久サポートするので「実質無料」です。

売れている教材の多くが、上記のような「実質無料」の訴求をしています。

相手に損をさせない、リスクを取らせないこと。

この考え方が、あらゆるセールス場面では、重要になってきます。

補足:「返金保証者」が増えると困るのでは?

多くの人は、こう考えるかもです。

しかし、実際のところは「返金保証」を使う人は、ほとんどいなかったりもします。

いたとしても、全体の2〜3%ほどに落ち着きます。

イメージは、下記です。

  • 2万円の教材を販売(返金保証ナシ)
    → 20部販売(売上40万円)→ 最終売上40万円
  • 2万円の教材を販売(返金保証アリ)
    → 30部販売(売上60万円)→ うち返金2名→ 最終売上56万円

要するに「返金をする人」が出たとしても、トータル的には「返金保証アリの教材」の方が、売上が伸びやすいということ。

お客さん視点は、こんな感じになるはずです。

教材の購入者さん
教材の購入者さん
  • 2万円かぁ、少し高いなぁ。でも「返金保証アリ」か、これなら買っても損はしないかも。
  • 教材を実際に購入たけど、中身がよかった。しっかりと成果も出せそう。
  • 返金の必要はなさそうだな!

上記のとおりです。

もし、商品を販売して「返金対応者」が多いのであれば、それは「教材の中身」に問題があるかもです。

または「本来、教材を売ってはいけない人」に売っている可能性があります。

教材の質を高めつつ、販売ページにて、購入者のスクリーニングをすることに専念しましょう。

「購入者のスクリーニング」とは「商品を購入しても問題ががない、適切な人に商品を届けるための作業」のこと。

具体的には、下記の方法でスクリーニングすることができます。

  • 行動と学習を継続できない方は、教材のご購入をオススメしません。
  • 1年間の継続した作業に取り組めない方は、オススメしません。
  • すでに教材で解説している内容にて、成果を出している人は、オススメしません。

教材を間違った人に売ってしまうと「クレーム」や「信頼低下」につながります。誰にでも売っていけばいい訳でありません。

販売者の信頼を低下させないためにも、こちら側から「売る人」を選別していくことが必要。

基本的には、「返金保証」をつけても、問題ナシです。返金者がいたとしても、結果的には、売上が伸びます😌

②:未来を見せる(不安+成功)

こちらも、セールスの基本でありながらも、効果的な方法です。

人が行動をする98%の理由は「自分の未来を変えるため」です。

そして、未来には2つあり「良い未来」と「悪い未来」があります。

例えば「副業に関する教材」を売る場合、下記のようなイメージです。

  • 良い未来:副業に取り組むことで「毎月5万円」の収入UPに繋がり、年間だと60万円です。個人で稼ぐスキルがつき、収入の柱が増えるので、安定化します。
  • 悪い未来:日本は少子高齢化、そして成長産業も少ないので「増税&お給料増えない」時代になります。なにも行動しないと、ジリ貧になる未来が見えています。

なお、片方の訴求でも十分ですが「良い未来」と「悪い未来」の両方を組み合わせると、さらに効果が増します。

かつ、どんな未来が待ってるのかを「なるべく鮮明に、丁寧に訴求」すると、未来像のイメージが沸きやすく、売れやすくなります。

商品を売る際は「この教材を買うことで、あなたの未来がどう変わるのか?」「教材を買わなかったら、どんあ未来が待っているのか?」を、丁寧に解説することが大切です。

あらゆる場面で使えるセールステクニック7つ

そのほかの効果的なセールステクニックも、合わせて解説します。

  • 期限をつくる
  • ターゲットを絞る
  • デメリットもあえて説明
  • 主張+例え話は効果あり
  • しっかり背中を押す
  • 「分割決済」は有効
  • クローズド空間で、セールス訴求

上記のテクニックも、商品販売に使えます。

全てをつかう必要はなく、その商品の特徴にあわせて使えばOKです。それでは、みていきます。

期限をつくる

よく使われる手法です。

商品やサービスの「購入期限」を設けることで、「今すぐ行動しなければ!」という心理を促し、購買意欲を高めることができます。

購入期限だけでなく「数量限定」なども効果的です。

人は「限定」という言葉に、本能的に反応しまいます。「限定」を使った商品販売は、すこし難易度が上がるかもですが、かなり効果的です。

  • 3日間限定の特別価格!明日まで
  • 先着100名さま限定で、5000円OFF
  • フォロワーさま限定で、20%OFFで特別販売

ターゲットを絞る(自分化にさせる)

商品を売る際は「ターゲットを絞ること」で、より強い訴求ができるようになります。

「広く浅く」ではなく「狭く深く」訴求することで「自分ごと化」されます。自分のための商品」だと、感じてもらう事が、セールスでは大切です。

イメージは、下記です。

  • この教材は「副業ブロガー」向けの商品です。
  • この教材は「ブログを始めて約半年、月3万円を達成していない方向け、かつセールスに特化した」商品です。

ポイントは、「たった一人に向けて、商品を届ける」イメージ。

たった一人に向けた商品でも、インターネット世界には、おなじ悩みをもった人が、無数にいます。

ターゲットを深く絞り、商品に対して「自分ごと化」をしてもらわないと、基本的には売れません。

「誰に売りたいのか」を明確にすることで、ターゲット層のニーズや悩みに合った訴求をすることができます。

  • 年収300万円台のアラサー男性が、効率よくブログで稼ぐための副業教材
  • 大企業の中間管理職で消耗している人向けの、ITベンチャー企業の転職術
  • 30代前半のキャリアウーマン独身女性にオススメな、婚活アプリ」

デメリットもあえて説明

商品やサービスには、必ずメリットとデメリットがあります。

メリットを誠実に伝えたとしても、デメリットまで紹介されていなければ、相手は「不信感」を抱くんですね。

デメリットを隠すのではなく、あえて説明することで、読者の信頼を獲得し、より説得力のある訴求をすることができます。

  • エアポッズプロの価格は高めですが、ノイズキャンセリング機能が高品質です。
  • 本教を使いこなすのに少し時間がかかりますが、マスターすると、現在の2〜3倍の収益化を期待できます
  • スターバックスは比較的高価格ですが、その分「集中して作業できる環境」が整っています

主張+例え話は効果あり

主張を述べるだけでは、読者に具体的にイメージしてもらうのは難しいです。

具体的な主張を「エピソードや例え話」を交えて表現することで、説得力を高めることができます。

例える際は「そのターゲットが身近に感じるもの」が理想です。身近に感じてもらえなければ、実感してもらえないので、その点は注意が必要です😌

  • 副業で月5万円を稼げると、毎月3万円を金融投資に回したり、月に1回高級なディナーにいくことができますよ
  • 「個人で稼げるITスキル」を身につけると、カフェや在宅で仕事ができたり、海外を旅しながら生活もできます。社内のイヤな人間関係や、無駄な飲み会もゼロです。

しっかり背中を押す

多くの人は「商品を強くオススメしすぎるのは、どうなんだろう?」と思うかもです。

しかし「背中は強くプッシュしてOK」です。下記をイメージしてください。

  • 月10万円を稼ぐための教材を買うか迷ったけど、行動しなかった人
  • 迷いつつも教材を購入し、半年後「月10万円」を達成

どちらがいいですかね。大半の人が「後者」を選ぶはずです。

行動でしか人生は好転していきません。迷っているお客さんがいるなら、背中を強くプッシュする。お互いにとっても、Win-Winだと思っています。

迷いつつも行動をする。すると、少しずつですが、人生が変わっていきます。ぼくもこんな感じでした。

仮に失敗したとしても、間違いなく「成長」しています。しっかり背中を押すことが、大切です。デメリットはありません。

  • 背中は強くプッシュしてOK
  • 迷いつつも教材を購入し、半年後「月10万円」を達成
  • 行動をすることで、少しずつ人生が変わっていくので、背中を押すべき

「分割決済」は有効

分割決済を導入することで、購入ハードルを下げることができます。

なお、分割決済は「高額な商品やサービス」を売る際に、大きな効果を発揮します。

ぼくの友人は「25万円の個人コンサル」を、10分割で販売していました。話を聞くと、高額商品の場合は、やはり「分割決済」が多かったです。

  • 10万円の商品を「10分割」で販売する→月1万円で始められます。
  • 2.5万円の商品を「5分割」で販売する→月5,000円で始められます。

なお、分割決済や、個人サービスの決済は「Stripe」がオススメです。ぼくも使っており、個人事業者からも定評があります。

分割設定も数クリックで完了です。かつ「返金」にも対応しています。

クローズド空間で、セールス訴求

クローズド空間でセールスをすると、成約率が上がります。

理由としては、クローズド空間には「信頼」が貯まっているからですね。

  • 無料メルマガには、そのメルマガ発行者に「信頼」があります。
  • 有料コミュニティでは、運営者に「信頼」があります
  • 公式ラインでも、運営者に「信頼」があります

「自分の信頼」を発揮できるクローズド空間内で、アフィリエイトやセールスをすると、多くの人が行動をしてくれます。

ブログやSNSで発信をしていく中で「自分なりの小さなコミュニティ」をもっておくと、効率的にマネタイズできます。ぜひ頭の片隅に入れておいてください😌

  • 教材購入者さん限定コミュニティ内で、おすすめの本を紹介
  • 無料相談会の参加者限定、教材の割引セール案内
  • 無料のLINEコミュニティ内で、教材セールスの案内

まとめ:セールススキルは「現代の錬金術」です。使えば使うほど、収入が伸びます。

というわけで、まとめです。

「商品を簡単に売る」セールステクニック
  • 「購入時の不安」を全て消すことで、商品が売れる
  • 無料+返金保証(実質無料)
  • 未来を見せる(不安+成功)
あらゆる場面で使えるセールステクニック
  • 期限をつくる
  • ターゲットを絞る
  • デメリットもあえて説明
  • 主張+例え話は効果あり
  • しっかり背中を押す
  • 「分割決済」は有効
  • クローズド空間で、セールス訴求

上記を意識しつつ、ぜひ商品販売をしてみてください。

繰り返しですが「セールススキル」の多くは「人間心理」に基づいており、今後も生涯にわたって使い続けられる「普遍的なスキル」です。

そして現代は「インターネットの普及」により、個人でも簡単にビジネスができるようになりました。

インターネット世界でセールスを使えるようになると、それは「錬金術」になり、ネット世界から「金脈」を掘れるようになります。

セールススキルは、使えば使うほどに、磨かれます。ぜひ、上記のテクニックを参考にしつつ、自分なりのセールス方法を模索してみてください。正解はありません。

アフィリエイトや商品販売での実践練習を繰り返しつつ、失敗をしつつ、スキルをコツコツ磨いていきましょう。

というわけで、本講座は以上になります。

次に講座にすすむ >>
⑥: 自社商品で10万円のストック収入を継続的につくる方法
⑥: 自社商品で10万円のストック収入を継続的につくる方法

ABOUT ME
イチ
イチ
ブロガー
ブロガー(25) | ポンコツ&社会不適合で消耗→ブログ開始→2023年フリーランス| ブログSNSで月30万円 / 現在2サイト運営中| Pinterest教材販売📌 | 個人で稼ぐ方法・コスパ良く生きる方法を発信 | クリプトに波乗りしつつ、海外でノマド的に生きます🧑‍💻|
記事URLをコピーしました