講座一覧

⑦:個人で「稼ぎ続ける」ための安定化戦略

4696ikkan

イチです。

今回は「個人で稼ぎ続けるための安定化戦略」について、解説します。

個人で月10万円を稼いでも、次月は「2万円」とかだと、メンタル的にもよくないです。

具体的な方法を知っていれば「安定状態」は、つくれます。安定収入があると、心に「余裕」が生まれ、自分のビジネスにも好循環をつくれます。

それでは、解説していきます。

個人で「稼ぎ続ける」ための安定化戦略

具体的には、下記です。

個人で「稼ぎ続ける」ための安定化戦略
  • 「働けば確実に収入が入ってくる仕事」と「仕組みをつくる仕事」を両方持っておく
  • 外部依存している収入を減らす
  • オフラインでの人脈を増やしておく
  • 自分が稼げた方法に「再現性」があるかを確認する

①:「働けば確実に収入が入ってくる仕事」と「仕組みをつくる仕事」を両方持っておく

フリーランスや副業で安定を目指すなら「今すぐ稼げる仕事」と「稼ぐ仕組みをつくる仕事の両方に取り組んでいくことが大切です。

分かりやすい例は「Webライター」と「ブログ」です。

Webライターは案件につき報酬が決まっており、案件に取り組めば、すぐに収入が入ります。しかし、基本的には「労働集約型」なので、収入には限界がありますよね。

一方、ブログの場合は、記事を書いたとしても、成果が出なかったら収入はゼロ。しかし「成果報酬型」なので、収入が青天井になります。

要するに、Webライターだけでも収入には限界があるし、ブログだけだと、明日の収入に不安があるということ。

もちろん、ブログ(自分の仕組み)だけで、生活できるに越したことはありませんが、難易度は高めです。

Webライターのような「働けば確実に収入が入ってくる仕事」と、ブログのように「稼ぐ仕組みをつくる仕事」を、並行して取り組んでおくと、バランスよく稼ぎ続けられるようになります。

②:外部依存している収入を減らす

安定を目指すのであれば「外部依存」は避けましょう。

外部依存とは、基本的に「プラットフォーム依存」のことを指します。イメージは、下記です。

  • Google(SEO)
  • Instagram
  • X(Twitter)
  • YouTube

一つのSNSに収入が依存している場合は、キケンです。

Googleの検索エンジンのアルゴリズムは、数年単位で変更されます。

SEO集客による収入が「全体収入の8割」だとした場合は、アルゴリズムの変更によって「収入−80%減」もあり得るわけですね。

これは他の媒体でも同じでして、要するに「収入源を、複数に分散させておくこと」が必要です。

解決策としては「リスト取り」がベスト。

プラットフォームが潰れたとしても「顧客のリスト」があれば、こちらからコミュニケーションを取ることは可能です。

ブログやSNSで、定期的に「リスト集め」を行いつつ、リスク分散させておきましょう。

「アフィリエイト収入一本」もキケンです

さらに加えると「アフィリエイト収入」に依存している状態も、リスクが高いです。

アフィリエイトは「企業の広告費」の関係で、突然に案件終了する場合があります。

つまり「アフィリエイト収入一本」の場合は、自分の収入を「企業にコントロールされている状態」ともいえます。なので、最終的には「自社商品」をもっておくのがオススメです。

自社商品の場合は「販売に関する設定」を、すべてを自分でコントロールすることが可能。

  • 商品の販売金額
  • セール期間
  • アフィリエイトの報酬設定
  • 発行部数
  • 再販売の時期
  • 販売終了

上記のように「自分のコントロール範囲」を広げておくことで、外部依存のリスクを下げられます。

自社商品をもつハードルは少し高いと感じるかもです。仮に「本当に自分はスキルがゼロ」という状態だとしたら、明日から行動を変えるだけです。

そうじゃないと、個人で稼ぐことは難しいと思います。コツコツでもOKなので、最終的には「自分の商品」をもつことを目指しましょう。

③:オフラインでの人脈を増やしておく

オフラインでの人脈は、フリーランスにとってはかなり重要です。

リモートワークが一般化しつつありますが、だからこそ「オフライン」の価値は高まっています。

フリーランスや副業で稼げなくなった時でも、人脈があれば、その知り合いから仕事をいただける可能性もあるわけですね。

つまり「自分のスキルを買ってくれる人を増やす」ということが、安定を目指す上では大切です。自分を雇ってくれる人ですね。

もちろん、オンラインでの人脈でもOKですが、一度オフラインで知り合った人だと「安心感」が違います。

「人となり」や「雰囲気」を、お互いに理解しているので、関係性が深くなりやすんですね。

最悪、自分の仕事がなくなっても「自分を雇ってくれる人」を複数人持っておくと、稼が続けることができます。

オフラインでの交流には、積極時に参加しておくのがベストです😌

④:自分が稼げた方法に「再現性」があるかを確認する

ブログや副業を続けていくと、少なからず収入は発生してくると思います。

しかし、その収入に「再現性」がないと、稼ぎ続けることは難しいです。

再現性とは「タイミングや媒体変わっても、ほかの人が作業を行なっても、同じように稼げるかどうか」という視点ですね。

再現性がない場合、その収入は「一過性」になるので、次なる収入が生まれにくくなります。

しかし、再現性がある場合「同じように収入をつくっていくことができる」ため、安定化します。

さらにいうと「再現性」があるならば、そこで得た知見を「自分のコンテンツ」として販売することも可能です。

「他の人が同じように実行しても、同じ成果が出る状態」であれば、そこには情報には価値があるので、コンテンツとしても販売できます。

付け加えると、再現性がある場合は「外注さん」に仕事を依頼することもできますよね。

自分以外の人が、同じ手順を踏めば、同じ成果を出すことができるならば、その作業を他の人に任せて、収入を拡大化させていくこともできます。

  • ①:再現性のある稼ぎ方を見つける
  • ②:外注さんに作業を任せる
  • ③:自分は「再現性」をもとにコンテンツ販売をする

上記の流れも組めます。

「再現性」を一つ見つけると、あらゆる方向に横展開できますので、ぜひ再現性を探してみて下さい😌

まとめ:失敗しつつ「学習と行動」を続けましょう

という訳で、まとめです。下記のとおり。

個人で「稼ぎ続ける」ための安定化戦略まとめ
  • 「働けば確実に収入が入ってくる仕事」と「仕組みをつくる仕事」を両方持っておく
  • 外部依存している収入を減らす
  • オフラインでの人脈を増やしておく
  • 自分が稼げた方法に「再現性」があるかを確認する

以上です。

いきなり上記を目指すのは、ハードルが高いかもです。とはいえ、個人で稼ぎ、安定をつくっていくなら、必須の行動です。

個人での安定を目指しつつ、自分なりに動いてみてください。他人の成功事例を参加校にするのは、悪手です。

なぜなら、その時代やタイミング、背景が異なるケースが多いため。単にマネするのではなく、「稼ぐための本質」を理解していくことが大切です。

100人いれば、100通りの成功法があります。仮に失敗しても、日本人なら、問題ナシです。

遠回りにみえても、実はそれが「最短ルート」だったりします。知識ゼロでも、数年単位の「学習と行動」を続ければ、誰でも実績をつくれます。

自分に期待することなく、コツコツ積み上げていきましょう😌

ABOUT ME
イチ
イチ
ブロガー
ブロガー(25) | ポンコツ&社会不適合で消耗→ブログ開始→2023年フリーランス| ブログSNSで月30万円 / 現在2サイト運営中| Pinterest教材販売📌 | 個人で稼ぐ方法・コスパ良く生きる方法を発信 | クリプトに波乗りしつつ、海外でノマド的に生きます🧑‍💻|
記事URLをコピーしました